美しさを引き出す痩身エステサロン比較 Navi
~東京のおすすめサロン特集
美しさを引き出す痩身エステサロン比較 Navi ~東京のおすすめサロン特集
美しさを引き出す痩身エステサロン比較Navi ~東京のおすすめサロン特集 » 主要駅から探す おすすめ痩身エステリスト

主要駅から探す
おすすめ痩身エステリスト

ファッションやメイク、髪形がエリアごとに違うように、実は痩身サロンにも違いがあるのはご存じですか?では、実際どのように違うのでしょうか?気になるエリア情報についてまとめました。ぜひ、チェックしてみて!

新宿

百貨店、ファッションビルが立ち並び、日本有数の歓楽街のあるエリアで、乗降客数ランキングNo.1(※)の駅。エステの客層は20代から50代まで幅広く、男女兼用サロンが多いのが特徴です。「20時以降の施術OK」「24時間営業」など、営業時間が長いサロンが多いので、仕事帰りでも利用しやすい!駅の西口、南口、東口に集中している傾向です。

※2018年。JR東日本より

原宿・表参道

表参道ヒルズ、有名ブランドが立ち並ぶオシャレストリートとして有名なエリア。トレンド発信地として注目され、年代問わずオシャレな人が集まります。

表参道エリアのほうがサロン数は圧倒的に多く、男女兼用サロンが多いのも特徴。サロンは青山通り周辺、2番出口に集中している傾向です。原宿では、長く通う人が多い印象。

銀座

高級ブランド店、百貨店が立ち並ぶ日本屈指のセレブな街としても有名。また「働きたい」オフィス街としても人気です。

男女ともにオシャレに敏感で美意識の高い人が多い傾向なので、男女兼用サロンが多いのが特徴。特に7丁目は、30代40代の男性率が高く、仕事帰りに立ち寄る人が多いようです。

エステサロンは特に、1丁目から3丁目に集中しています。

横浜

関東の住みたい街ランキング(2018年度、スーモより)で1位となった横浜。観光地としても有名ですが、昔からおしゃれでセレブが集まると評判のエリア。

実際に生活にゆとりのある層が多く住む印象で、エステ利用の年齢層は20代から50代まで幅広いのが特徴です。サロンは完全予約制の個室が多く、西口周辺から2丁目にかけて集中している傾向にあります。

渋谷

学生から社会人まで多くの人でにぎわう、ファッション街として有名。超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」がオープンし、商業施設も2020年までにさらに増える、進化し続ける街。渋谷駅周辺にサロンが集中しています。

24時間営業、早朝5時まで営業など、忙しく不規則な人でも通いやすい営業時間が長いサロンが多いのが特徴です。

池袋

乗換駅として8路線の鉄道が通り、郊外からの利用者も多い池袋駅。駅周辺は百貨店やファッションビルが立ち並び、繁華街もあるので学生から社会人まで昼夜にぎわう街です。

サロンは「20時以降利用OK」「朝10時前OK」など、営業時間が長いので忙しいで人も通いやすい印象。駅の東口、サンシャインエリアに集中している傾向です。